中根真理子 | 癌のためのヒプノ, 催眠

Go To Artist Page

Recommended if You Like
ルイーズ ヘイ

More Artists From
United States - New York

Other Genres You Will Love
New Age: Healing Spoken Word: With Music Moods: Solo Female Artist
Sell your music everywhere
There are no items in your wishlist.

癌のためのヒプノ, 催眠

by 中根真理子

ヒプノ催眠によって免疫力を上げ癌や慢性の病気を改善
Genre: New Age: Healing
Release Date: 

We'll ship when it's back in stock

Order now and we'll ship when it's back in stock, or enter your email below to be notified when it's back in stock.
Continue Shopping
available for download only
Share to Google +1

To listen to tracks you will need to update your browser to a recent version.

  Song Share Time Download
clip
1. 癌(慢性の病気)のためのヒプノ、催眠
33:04 album only
Downloads are available as MP3-320 files.

ABOUT THIS ALBUM


Album Notes
このmp3は下記のような方に向いています。

*癌やその他の慢性的な病気を患っている方
*痛みを軽減されたい方
*自分の体とコミニュケーションをとりたい方
*完璧な健康を受け入れて維持されたい方
*ストレスを軽減して免疫力を上げたい方
*風邪やインフルエンザにかからない体になりたい方

ガンやその他慢性の病気とヒプノシス(催眠法)について

恐れや不安等のストレスを解放し、体と心のつながりと影響を深く理解することにより、免疫力を高める
日常のストレスに加えて、人はガン(またはその他の病気)であると診断されると恐れや不安にかられるのはとても自然なことです。自分だけではなく、周りの家族や愛するものにも同じように、恐れや不安にかられるでしょう。
これから大きな手術や治療を受けることによる恐れや自分の体に対するコントロールがなくなったと感じる喪失感または自分の力がなくなったと感じる絶望感等、様々な心理的ストレスを受ける人々は少なくないでしょう。
ストレスが免疫力を下げるという事は周知のことですが、病気に対する恐れの感情のストレスが体の免疫力を下げ、病気の進行を早めてしまいます。
ワシントン州立大学の研究結果によりますと、催眠を受けたグループは受けなかったグループよりも白血球数が上昇する事により、免疫力が上がったそうです。催眠によりストレスを解放し、前向きに考える事が影響しているようです。
そこで、催眠のテクニックをつかい、体が回復するヒーリングの過程において、効果的に病気に対する恐れや不安、絶望感などのストレスを解放し、希望を見つけ、自分の生命力を強化することを助けます。


1970後半に初めて行われた催眠がガン治療にどのように影響する研究によると、催眠によって吐き気、嘔吐、下痢、痛みの症状が和らいだ、またはなくなった結果が出ています。( Noted in best selling, Getting Well Again). 近年行われた8つの違う研究結果にも、催眠によって痛みが軽減されたという人は75%にも及んでいます。(International Journal of Clinical and Experimental Hypnosis) または、手術前に催眠を受けた患者は不安や痛みの軽減、出血量の低下、手術後の吐き気や嘔吐の軽減に影響したという報告結果もあります。(Journal of the International Anesthesia Research Society)
アメリカでは50年代より催眠のテクニックは医療と並行して使われてきました。最近のpet スキャンによって、催眠状態になり暗示をかけることによって脳がどのように働くかが解明されました。
私たちの五感で受けた情報は脳に伝わり、身体の機能に伝達します。催眠によって人は暗示を与えられた事を想像すると、脳はそのイメージをあたかも実際に経験していると受けてとめてしまいます。すなわち、私たちの脳は真実でないことを、催眠の状態でイメージするとそれが、本当に起きていることと勘違いしてしまうのです。
例えば、催眠下で心地よい空間でリラックスしている自分を五感で体験しイメージすることができる人は、病気の心地悪い症状から解放できるようになります。
又は、ガン細胞が消えてゆくイメージをし、自分の体が良い方向に向かう事をイメージすることでそれが現実のことになるでしょう。
そのため、ガン患者やその他の疾患を患っている人に、副作用がなく、体に良い影響をもたらすこの技法はとても有効なものです。

注意)催眠は医療行為ではなく、または医療行為に代わるものでもありません。催眠の効果や経験は人それぞれで個人差があります。

Read more...

Reviews


to write a review