Chikako Noda | Gentoh Showhin

Go To Artist Page

Recommended if You Like
Bjork Cat Power Joanna Newsome

Album Links
Blog soundcloud about.me Twitter

More Artists From
JAPAN

Other Genres You Will Love
Pop: Dream Pop Avant Garde: Tape Music Moods: Mood: Dreamy
Sell your music everywhere
There are no items in your wishlist.

Gentoh Showhin

by Chikako Noda

The total DIY work by a Japanese female singer/songwritter. 12 songs included,inspired by traditional Japanese song and tales of old Japan, recorded at Chikako's home. The fantastic and dreamy mood. 熊本市在住の宅録主婦、野田ちか子の完全自主制作CD。
Genre: Pop: Dream Pop
Release Date: 

We'll ship when it's back in stock

Order now and we'll ship when it's back in stock, or enter your email below to be notified when it's back in stock.
Continue Shopping
just a few left.
order now!
Share to Google +1

To listen to tracks you will need to update your browser to a recent version.

  Song Share Time Download
clip
1. Lullaby
1:02 album only
clip
2. Dawn Lullaby
3:57 $1.00
clip
3. The Girl from Underground
4:09 $1.00
clip
4. The Crystal World
5:40 $1.00
clip
5. Akai Tenshi
5:41 $1.00
clip
6. Sleep Walk
4:37 album only
clip
7. Juusan Mairi
3:24 $1.00
clip
8. In the Summer Madness
6:59 $1.00
clip
9. Ten Night of Dreams, the First Night
10:34 $1.00
clip
10. Hotaru Koi
5:19 $1.00
clip
11. Fajfilego / In the Deep Dence Fog
5:57 $1.00
clip
12. Farewell My Friend
4:16 $1.00
Downloads are available as MP3-320 files.

ABOUT THIS ALBUM


Album Notes


Chikako Noda is a female homemaker and singer/songwritter based in Kumamoto city in the south part of Japan.

She has no experience with band activities in her teenage years.
When she was 25 years old she started a band,began composing music and playing guitar.
After she got married in 2004 she started home-recording using her husband's equipment.


This CD " 幻燈小品 GENTOH SHOWHIN" was recorded at her home from Jun. 2010 to Dec. 2014.
GENTOH means "slide".
SHOWHIN means "a short composition".

She is inspired by traditional Japanese songs,folklore and tales of old Japan.
She wrote all of her songs and lyrics, played almost all of the instruments(guitar,bass,piano,synthesizer,Loop station BOSS RC-50), recorded and mastered the CD and conceptualized the CD artwork.

Her recording equipment includes a ZOOM R16, iPhone 4S,iPad and ordinary inexpensive instruments.


This CD cover art and booklet illustrations were drawn by Yoshiko Nakamura.
She is an artist and illustrator from Kumamoto city.
She only use a pencil when she draws.
She makes fascinatingly original art work.


Guest musician;
Lullaby(1); Vocal by Eiko Noda.
The crystal world(4) ;Percussion by Koushiro Watase .

English assistant;
Grace Mathuda
Mark baysinger


1. Lullaby from the Kumamoto district ;子守唄(熊本地方伝承)
This song is a traditional Japanese song from the Kumamoto district.
Voice by Eiko Noda,Chikako's mother in law.


2.Dawn lullaby;夜明けの子守唄
This song with strings and piano.
This song is inspired by the story of Little Red Riding Hood.
She is lost in the moonlit woods at night and it's snowing.
The lyrics of this song were written by Esperanto.


3.The girl from underground;冥界少女
This is the first song Chikako made, when she was 25 years old.
This song was performed by 17-ER the band;she join from 1999 to 2001.
The song is about traveling impulsively.


4. The crystal world;結晶世界
This song is inspired by the scene of a frozen cemetery in Plute,Galaxy express 999;a Japanese animation.
The rebirth sound was made with Loopstation BOSS RC50.
Guest musician;Koushiro Watase ,the percussionist based in Kumamoto city.



5.Akai tenshi;赫い天使
Akai tenshi means "The Red Angel".
This song's recording was finished for 2 years.
Chikako need to try again recording with new HD recorder, because HD recorder "AKAI professional DPS 12i " doesn't work when she recording this song.



6. Sleep walk;夢中遊行
Piano instrumental.


7.Juusan mairi;十三詣り
Juusann mairi is a local custom in kansai area.
When children became 13 years old,they visit to shrine to recieve wisdom from god.
This song with piano , strings and melodion.



8.In the summer madness;夏の腐れ月
This song is inspired by MOOMIN's story.
Chikako is MOOMIN huge fan.
"Kusare tuki"means the hot season when food rots.
The MusicBox version of this song is the soundtrack for Toki,a Japanese puppet animation created by students of the Nagoya university of art and science.
Toki means "Time".



9.Ten night of dreams,the first night;夢十夜、第一夜
It's a short novel written by Soseki Natume(1867~1916):Japanese novelist of the Meiji period.
This story about dreams and illusions.
Piano and voice by Chikako.
This track include a cricket sound.


10. Hotaru Koi;ほたるこい
This song is a traditional Japanese folk song about firefly catching.
Hotaru means "firefly" and Koi means "come here".
It was arranged with Loopstation BOSS RC50,piano and voice.
This song includes "Waka"by IZUMI shikibu(b.976?);a mid Heian period Japanese poet.
Waka is a traditional Japanese lyrics.
You can find the DIY music video for this song on Youtube.
It was filmed and directed by Ethuro Yano;based in Fukuoka city.


11. Fajfilego/In the deep dence fog;ファイフィレーゴ
Fajfilego means foghorn in Esperant.
This song is inspired by Russian animation "the hedgehog in fog".
The rhythm track was made with Garageband on iPad.


12. Farewell my friend;逢いたいあの子は遠くへ行った
This song was made with piano and vocal.
It's a sentimental song.



野田ちか子(アフロチカ)
http://www.chikakonoda.com


熊本市在住の宅録主婦、野田ちか子(またの名をアフロチカ)による完全自主制作CD。

本作品「幻燈小品」は、2010年6月〜2014年12月に、全て彼女の自宅で録音された。
*結晶世界のパーカッションは2014年11月に熊本市ハーモニースタジオで録音。

本作品の作詞曲、唄、語り、ピアノ、ギター、シンセサイザー、iPadのアプリケーション"Garage Band"、ループマシーンBOSS RC50などのほとんど全ての演奏、録音、ミックス、マスタリング、CDデザイン、写真撮影も全て1人で手がけている。


CDにはオリジナルの日本語詞と英語の翻訳のブックレット付き。
CDカバーとブックレットのイラストは奇才のイラストレーター、ナカムラ佳子氏によるもの。


ゲストミュージシャン
野田エイ子(唄);熊本地方の子守唄(1)
渡瀬功史郎(パーカッション);結晶世界(4)


イラスト(蛾、少女)
ナカムラ佳子
http://denki-bran.jugem.jp
熊本市在住の画家、イラストレーター。
熊本市河原町の珍品・雑貨店「モラトリアム」オーナー。
鉛筆1本だけで独特の圧巻の世界を構築し、その作品が放つ妖しい磁力は多くの人を魅了し続けている。


英語翻訳補助
Grace Mathuda
Mark Baysinger

__________________________
1. 子守唄(熊本地方伝承)
熊本地方で語り継がれた子守唄。
歌っているのは姑の野田エイ子。
偶然、熊本伝承唄の事を尋ねた時に唄ってくれたエイ子の唄に感動し、本作品でも歌ってもらう事になった。録音は彼女の部屋。
伝承として今も残る子守唄は、口減らしのために奉公に出された貧しい家の子供たちが、奉公先の赤ん坊を背負いながら故郷を慕って歌う切ないものが多い。


2. 夜明けの子守唄
ストリングスとピアノのアレンジ曲。
雪の降る森の中を、赤ずきんちゃんのような格好をした少女が、月明かりと手にしたランプの灯りだけで彷徨っているイメージで作った。
歌詞は世界人口共通語のエスペラント語。



3. 冥界少女
生まれて初めて作った曲。
1999年〜2001年に活動していたバンド「17ーER」で演奏していた曲。
当時は「旅」や「衝動」をテーマに曲を作っていた。
2004年に1人で宅録した時のベース部分のデータを誤って消してしまったので、ピアノで弾き直した。
比較的アップテンポな疾走感溢れるナンバー。



4. 結晶世界
松本零士氏のアニメ「銀河鉄道999」の冥王星の氷の墓場のシーンに触発されて作った曲。
氷のマリンバのようなピアノサウンド曲。
前奏の逆回転は、ループマシーンのBOSS RC50を使用した。



5. 赫い天使
初めて鼻歌から発展させて作った曲。
間奏とサビの部分がなかなか決まらず、完成するのに2年近くかかってしまった。
ちなみに、このCDを作る過程で、夫の宅録機材AKAI Professional DPS 12iが故障してしまったため、これまで録音した楽曲のデータを全部新しい機材で入れ直さなければならなかった。
このAKAIの機材はとても愛着があったため、敬意を表して曲のタイトルにした。


6. 夢中遊行
初のピアノインスト曲。


7.十三詣り
このアルバムの中で最も最近録音した曲。
関西では、子供が十三歳になると、お宮へ参って知恵を授かるという十三詣りという風習がある事を聞き、そこからイメージが湧いて作った曲。


8. 夏の腐れ月
大好きなムーミントロールの話の中で、食べ物が腐れやすい暑い時期を「腐れ月」といい、「腐れ月には説明のつかないような奇妙な事が起こる」という言い伝えがある。
このオルゴールヴァージョンは、名古屋学芸大学の方々が卒業制作に作った関節球体の人形アニメ「時時刻刻」で使用されている。
Youtubeで視聴可能。


9.夢十夜、第1夜
夏目漱石の珠玉の短編、夢十夜の朗読。
初めて読んだ時に、ほの暗い光の中で色彩が鮮やかに浮かび上がってくる情景が浮かんだ。
ピアノと声のループ、そして夏の虫の声でアレンジした幻想的なトラック。
虫の音は家の裏にある山で録音したものを使っている。



10. ほたるこい
日本の伝承音楽「ほたるこい」をモチーフにした曲。
ループマシンBOSS RC50を使って輪唱のようにアレンジした問題作。
途中の和歌は、平安時代の歌人、和泉式部の作。
「もの思えば、沢の蛍も我が身より あくがれ出ずる魂かとぞ見る」
(沢の近くで物思いにふけっていると、周りを飛び交う蛍がまるで私の体から出てきた魂のように思えてくる。)

福岡在住の映像作家、矢野悦郎氏が撮影、演出、ストーリーを手がけた幻想的な映像もある。
Youtubeで視聴可能。



11. ファイフィレーゴ
ファイフィレーゴとは、エスペラント語で「霧笛」という意味。
ロシアのアートアニメーションの巨匠、ユーリ・ノルシュテインの「霧につつまれたハリネズミ」に触発されて作った曲。
間奏以降のリズムトラックと弦楽器の音は、iPad のアプリケーション「Garage Band」を使用した。



12.逢いたいあの子は遠くへ行った
ピアノの弾き語り曲。
センチメンタル万歳。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
野田ちか子
http://www.chikakonoda.com


熊本在住の宅録家/映像作家。
東海大学農学部農学科(阿蘇校舎)卒業。
2004年、結婚を機に夫の録音機材を(勝手に)使い、宅録を始める。
学生時代にバンド経験はなく、バンド活動や作詞曲、ギター演奏は25歳になってから始めた。
2015年、1stアルバム「幻燈小品」を発売、映像制作を始める。
同年12月、熊本市現代美術館主催アートパレード展で、「逢いたいあの子は遠くへ行った」(幻燈小品収録曲)の映像で審査員特別賞(八谷和彦賞)を受賞、2017年、「新しい季節」の映像で奨励賞受賞(審査員ヤノベケンジ氏)。

現在、2016年4月の熊本地震時に宅録した曲を含む新作「六歌」の音源と映像を製作中。
広汎性発達障害。
1児の母。

Read more...

Reviews


to write a review