Mandala Mari & Kunjubihari | 念彼観音力

Go To Artist Page

More Artists From
JAPAN

Other Genres You Will Love
Spiritual: Mantras World: Indian Classical Moods: Spiritual
Sell your music everywhere
There are no items in your wishlist.

念彼観音力

by Mandala Mari & Kunjubihari

Lotus Sutra recited by Mandala Mari //Music Produced by kunjubihari.com 異空間にようこそ!摩訶不思議メロディ「念彼観音力」曼荼羅真理ボーカル&kuniubihariプロデュース★ミニアルバム発売中!!
Genre: Spiritual: Mantras
Release Date: 

We'll ship when it's back in stock

Order now and we'll ship when it's back in stock, or enter your email below to be notified when it's back in stock.
Continue Shopping
available for download only
Share to Google +1

To listen to tracks you will need to update your browser to a recent version.

  Song Share Time Download
clip
1. 妙法蓮華経 開経偈
Mandala Mari & Kunjubihari.com
2:01 $2.00
clip
2. 妙法蓮華経 方便品第ニ
Mandala Mari & Kunjubihari.com
4:20 $2.00
clip
3. 妙法蓮華経 観世音菩薩普門品第二十五
Mandala Mari & Kunjubihari.com
6:28 $2.00
Downloads are available as MP3-320 files.

ABOUT THIS ALBUM


Album Notes
★念彼観音力 by Mandala Mari & Kunjubihari.com
CDジャケットArt Work & CD 版面のArt Work&経文読誦 & ヴォーカルは、(C)2014 Mandala Mari
Mandala Mari web site: http://mandaramari.sakura.ne.jp
CDジャケットデザイン&サウンドプロディユースは、http://www.kunjubihari.com
サンプリング協力は、Crystal-Bowls: ‐香穏‐kanon‐
youtube : http://youtu.be/IdpsgiADT1g

Art workは、このURLからdownloadできます。アドレスバーにコピペして、enterで、dowmloadが開始されます。
http://www.kunjubihari.com/art-work-download.zip

妙法蓮華経読誦・法華経(ほけきょう、ほっけきょうとも)は、大乗仏教の経典「サッダルマ・プンダリーカ・スートラ(saddharmapuNDariika-suutra)」(「正しい教えである白い蓮の花」の意)の漢訳での総称。経の字をはずすと「法華」になるが、これは一般に「ほっけ」と発音する。法華経は、インド大乗仏教初期に成立した経典で、すべての仏教テキストのうちでも、もっとも重要な経の一つ。
観世音菩薩があまねく衆生を救済することを説いて、観音(かんのん)信仰の根拠となり、この章が独立し、『観音経』として広く読まれて現在に至る。

このCDは、仏教僧による伝統的、読誦ではなく、現代社会広く流布にすることを願って、音楽的要素と融合させた作品です。主にインド古典音楽のリズムと経文一体化をお楽しみ下さい。
今後、如来寿量品、見宝塔品などを収録した作品を制作する予定です。

観世音菩薩普門品第二十五

仏は優れた姿をしておられるが、私は今重ねて次のことをお尋ねしたい。仏子は、どうして観世音と名づけられるのか。

優れた姿の仏は、詩の形で次のように無尽意菩薩に答えられた。

観音の修行がどんなに優れているかをよく聞くがよい。広き誓願は海のように深く、どれ程の時間をかけても人間の知恵には思いもおよばない。何千億の仏たちのもとで、大いなる清らかな願いを起こした。今私は、あなたのために簡単に説明しよう。

この菩薩の名を聞き、その姿を見て、心にしつかりとどめて空しく生きることがなければ、あらゆる苦しみは消滅する。
たとえ悪人が、悪意をもって燃えさかる火の穴に落とされても、観音の救いを心から念ずれば、火の穴はたちまち池に変わる。
あるいは大海の中を漂流して、龍や怪魚や鬼などに襲われても、この観音の救いを心から念ずれば、波の中に溺れることはない。
あるいは人に高い山の項きから落とされても、観音の救いを心から念ずれば、太陽のように空中にとどまることが出来る。
あるいは悪人どもに追われ、高い山から落ちても、この観音の救いを心から念ずれば、髪の毛一本傷つかない。
また強盗に囲まれ刀で殺されそうになっても、観音の救いを心から念ずれば、彼らの心はたちまち優しくなってしまう。
あるいは国王に捕えられ、刑場で処刑されそうになっても、この観音の救いを心から念ずれば、刀がばらばらに折れてしまう。
あるいは牢屋に入れられ、鎖につながれても、この観音の救いを心から念ずれば、たちまちに鎖は解けて自由となる。
あるいは呪いや毒薬のために命が危険にあっても、この観音の救いを心から念ずれば、殺そうとした人にそれらが戻っていく。
あるいは悪鬼や毒龍といったさまざまな怪物に出会っても、この観音の救いを心から念ずれば、どれもが害を与えないようになる。
もし猛獣に囲まれて、牙や爪で殺されそうになっても、この観音の救いを心から念ずれば、どこかへ走り去ってしまう。
とかげ、ヘび、まむし、さそりなどが毒気を吐いても、この観音の救いを心から念ずれば、念ずる声を聞くやはたちまちいなくなってしまう。
天がとどろき、いなずまが光り、ひょうが降り、大雨が降っても、この観音の救いを心から念ずれば、たちまちそれらは消散してしまう。

人々が困難にあい、さまざまな苦しみにさいなまれるとき、この観音の優れた力が、人々の苦しみを救ってくれる。神通力を全部そなえ、智恵に富んださまざまな手段によって、あらゆる方角にある国に姿を現わし、どんな国でも現われないことはない。
観音菩薩はさまざまな悪趣に出向き、地獄・餓鬼・畜生などによる苦しみと、生老病死の苦しみを、神通力と方便によって滅ぼしていく。

観音菩薩は真実の観、清浄の観があり、広大な智恵の観、憐れみと慈しみの観が備わっている。だからいつも観音菩薩の出現を願い、その姿を仰ぎみるべきである。

観音菩薩は汚れなく清らかな光に包まれ、太陽のごとき智恵の輝きがすべての闇を取り除き、よく炎の風や火を吹き消し、世間を照らす。あわれみの心は雷のように人々を守り、いつくしみの心が雲のように人々覆う。永遠の教えの雨を降らし、人々の煩悩の炎を鎮める。争いにまきこまれ法廷に連行され、戦場で死の危険にさらされたとき、この観音の力を念ずれば、あらゆる敵はみな逃げてしまう。

観音菩薩は優れた音、世間を観る音、梵天の音、大海の音を持ち、世界のあらゆる音に勝る音を持っている。したがって常にこの観音を念ぜよ。一念一念に念じて決して疑ってはならない。

この観世音という浄い聖者は、苦しみや死の苦難が訪れたときに、最後のよりどころとなるのである。あらゆる功徳を持ち、慈悲の目をもって人々を眺めている。その福の集まる姿は無量であり、だからこそ礼拝すべきである

Read more...

Reviews


to write a review