Order 3 or more physical items and get 1¢ shipping
Marty Morell M&M Latin Jazz Ensemble | El Vuelo

Go To Artist Page

Recommended if You Like
Bobby Hucherson

More Artists From
United States - Florida

Other Genres You Will Love
Jazz: Latin Jazz Jazz: Latin Jazz Moods: Type: Live Recordings
There are no items in your wishlist.

El Vuelo

by Marty Morell M&M Latin Jazz Ensemble

M&M Latin Jazz Ensemble consists of original compositions and re-invented jazz standards all done with a Latin flavor.
Genre: Jazz: Latin Jazz
Release Date: 

We'll ship when it's back in stock

Order now and we'll ship when it's back in stock, or enter your email below to be notified when it's back in stock.
Sign up for the CD Baby Newsletter
Your email address will not be sold for any reason.
Continue Shopping
cd in stock order now
Share to Google +1

To listen to tracks you will need to update your browser to a recent version.

  Song Share Time Download
clip
1. The Day After Yesterday (Live)
7:11 album only
clip
2. Jitterbug Waltz (Live)
7:23 album only
clip
3. Dearly Beloved (Live)
5:55 album only
clip
4. Love Is Letting Go (Live)
6:20 album only
clip
5. El Vuelo (Live)
8:19 album only
clip
6. The Loop (Live)
5:20 album only
clip
7. Esta Conmigo (Live)
5:59 album only
clip
8. Song of Delilah (Live)
10:58 album only
Downloads are available as MP3-320 files.

ABOUT THIS ALBUM


Album Notes
The M&M Latin Jazz Ensemble was created by world renowned Drummer/ Percussionist Marty Morell (Bill Evans, Duke Ellington Orch, UCF Jazz Drum set professor) and his wife, Japan born Michiko Ohta Morell (Chica Boom, Clave y Galapago, Hillsborough County Arts Council award winner 2015). They have performed at many of Central Florida’s finest Jazz venues (the Palladium St. Petersburg, New Smyrna Beach Jazz Festival, Arts Festival, the Bosendorfer Lounge Orlando, Benoit Glazer’s "The Timucua Arts” Orlando and touring in Japan.
The M&M Latin Jazz Ensemble performs a variety of Latin American standards, original music, Latin Jazz standards (Dizzy Gillespie, Milt Jackson, Cal Tjader, Oliver Nelson, John Coltrane) and many other compositions from the American song book.

EL VUELO
1. Day After Yesterday: This exciting opening track was composed by Marty Morell especially for this CD. It features solos by Marty Morell, Jeff Rupert and John O’Leary. This Latin groove has very interesting rhythmical moments that make for great solo opportunities.
2. Jitterbug Waltz: This tune was written by the great pianist of yesteryear, Fats Waller. It is performed in a unique ¾ Latin Jazz groove. Solos by Marty Morell, Jeff Rupert and John O’Leary.
3. Dearly Beloved: Propelled by drummer Mark Feinman, this track is done as a Jazz Samba with solos by Marty Morell, Jeff Rupert, John O’Leary and bassist Alejandro Arenas. The track grooves from start to finish.
4. Love is Letting Go: This beautiful love ballad was composed by the great Jazz vibraphonist Joe Locke.
This poignant tune is done in a traditional Latin Bolero. Solo by Jeff Rupert.
5. El Vuelo (The Flight): This is the title tune of the CD and it was composed by Marty Morell in 1978 in memory of the passing of Michael Riley (8 months old). Done in a Latin groove, it signifies spiritual passing into the afterlife and gives a sense of hope. Great solos by Marty Morell, Jeff Rupert and John O’Leary.
6. The Loop: This not too well-known tune was composed by the great Jazz pianist, Chick Corea. The treatment of this tune is in a straight ahead Jazz waltz with solos by Marty Morell, Jeff Rupert and John O’Leary.
7. Esta Conmigo (You are with me): This melody was written by Spanish composer Fredric Mompou in the late 1800’s and was adapted for the CD by Marty Morell. The performance of this tune is dedicated to the memory of Aida Morell.
8. Song of Delilah: This tune was written by legendary film score composer Victor Young for the movie “Samson and Delilah”. The performance of this tune is influenced by African rhythms. Solos by Marty Morell, Jeff Rupert, John O’Leary and drummer Mark Feinman. Dedicated to the late, great Bobby Hutcherson.

1.デイ アフター イエスタデイ
CD一曲目、エキサイティングに幕開けするこの曲はMarty MorellがこのCDのために書き下ろしたオリジナルナンバー。ソロはテナーサックスのジェフ ルパート、ピアノのジョン オーリリーをフィーチャー。
この曲のラテングルーブは非常に興味深いリズミカルな間があり、素晴らしいソロに影響を与えている。

2. ジィターバグ ワルツ
この曲は往年の名ピアニスト"ファッツ ウォーラー"の作品。CDでは3/4のラテンジャズ グルーブでユニークに演奏されている。ソロはマーティ モレル、ジェフ ルパート、ジョン オーリリー。

3.ディアリー ビーラブドゥ
この曲はドラマーのマーク フェインマンの演奏で力強く推進し、ジャズサンバで演奏されている。ソロはマーティ モレル、ジェフ ルパート、ジョン オーリリー、べース アレハンドロ アレーナス。曲は最初から最後まで心地よくグルーブしている。

4.ラヴ イズ レッティン ゴー
この美しいバラードは素晴らしいジャズ ヴィブラフォン奏者 "ジョー ロック" の曲。
この心に強く訴えかける曲は伝統的なラテンボレロのスタイルで演奏されている。ソロはジェフ ルパート。

5.エル ブエロ(飛翔)
CDタイトルのこの曲はマーティ モレルの1978年の作品で、8歳という若さで亡くなった、マイケル リレイ少年に捧げられた曲。
ラテングルーブで演奏され、現世からのスピリチュアルな旅立ちと希望の感覚を与えている。素晴らしいソロは マーティ モレル、ジェフ ルパート、ジョン オーリリー。

6. ザ ループ 
偉大なジャズピアニスト"チック コリア"の作品としてはあまり知られていない曲。この曲はストレートアヘッドジャズワルツで演奏され、ソロはマーティ モレル、ジェフ ルパート、ジョン オーリリー。

7.エスタ コンミーゴ
メロディーはスペインの作曲家 フレデリック マンポーにより1800年後半に書かれ、マーティー モレルによってCD用にアレンジされた。この演奏はアイーダ モレルに捧げられている。

8.ソング オブ デライラ 
この曲は有名な劇版音楽の作曲家 ビクター ヤングによって、映画サムソン アンド ディライラの為に書かれた。この曲のパフォーマンスはアフリカのリズムに影響を受けている。ソロは マーティー モレル、ジェフ ルパート、ジョン オーリリー、ドラムのマーク フェインマン。偉大なボビー ハッチャーソンに捧げられている。






































Read more...

Reviews


to write a review